歯並びが悪いと、物が食べにくかったり、発音がうまく出来ないなどの機能障害や、歯ブラシが細かいところまで届きにくくなる為、虫歯や歯周病の原因にもなります。補綴物(被せ物)の素材や精度によっては、アレルギーや虫歯の再発リスクが高まるといったことも考えられます。

咬合(かみ合わせ)が悪いと、全身の骨格へ影響をおよぼし頭痛や肩こりなど不定愁訴(原因の特定できない症状)の要因になることもあります。

「総合歯科治療」は「インプラント」「審美補綴」「矯正」などを複合した、お一人お一人に合った治療法を提案することです。

メニューを閉じる